女性のスーツの着こなし方

キャリアアップに励んでいる女性は、スーツの着こなしもおしゃれだと印象が良くなります。
サイズはぴったりがベストで、セミオーダーやお直しで調整してもらいます。

シャツの袖はスーツから1.2cm~1.5cm出るのが美しいとされ、パンツの場合はヒールが半分隠れるのが目安です。

靴を脱いで床に上がる時は、裾を踏まないように短くするかクロップドパンツにします。



スカートの丈は膝にかかるくらいで、短くしても膝よりほんの少し上が大人の着こなしです。

ジャケットの丈が短い時はハイウエストのタイトスカートにすれば、スタイルが良く見えます。

スーツのインナーはシャツやブラウスが一般的ですが、ドレープやレースをあしらったトップスはおしゃれな上に動きやすいです。



男性はジャケットのボタンは一番下を外しますが、女性は全部留めるのがルールです。

靴はパンプスで、インナーと同じくらい個性やセンスを表現できます。黒色はフォーマルで素材がパテントだと汚れが付着しにくく、型崩れもほとんどありません。ヒールはプラットフォームやピンヒールを避け、ブーツやミュールも不適切です。

goo ニュースのお役立ちコンテンツ満載です。

ただし雨の日や防寒対策としてパンプス以外の靴を履くことはあります。
ベルトをする時は、靴の色と合わせると統一感が出ます。

アクセサリーはゴールドやシルバーの控えめなデザインを着用します。


メタリックやレザーはスーツには合いません。

スーツは男性的に見られやすいので、アクセサリーで女性の華奢なイメージを与えることができます。